上京後の“友達いない問題”を解決!サークルや教室に参加しよう

上京してすぐの方は、新天地ということもあり友達がほぼいない状況が多いでしょう。地元では頻繁に友達と遊んでいた場合は、とくに寂しく感じてしまいがち。しかし、学校や会社以外で友人をつくる方法はあります。

社会人サークルに入会して同じ趣味を持つ者同士で交流したり、SNSやアプリを使って住居エリアが近い者同士でチャットしたりすることです。幅広い年代の人と仲良くなるきっかけとなり、趣味友達や飲み友達ができるかもしれません。

一人で上京、友達はできる?

就職や進学などで上京した場合、同じ会社や大学に入った友人がいないのであれば、新生活をスタートさせると同時に周囲に知っている人がいなくなってしまいます。

気軽に喋ったり、頼ったり相談ができる人がいないことは、上京後の不慣れな生活するなかで余計不安になってしまうこともあるでしょう。

友人をつくるのが苦手という方もいるかもしれませんが、さまざまな方法で人と接する機会をつくることで、友人をつくるチャンスを増やせます。

サークルに入る

大学であれば、その学校内のサークルに入る方法があります。しかし、大学で自分に向いていると感じるサークルが見つからないことや、専門学校や会社であればサークル自体がないことも多いです。

その場合は、地域で募集している社会人や学生を対象としたサークルに入ることで、人と会う機会を増やすことができます。

例えば社会人などを対象としたサークルで下記があります。
・バレー
・テニス
・ハイキング
・ボルダリング

このような、どこの大学にもありそうな体育会系のサークルもあれば、文化系のサークルもあります。
・演劇
・絵画
・カメラ
・語学
・ボランティア
・テレビゲーム系

普段自分から話しかけるのが苦手という方でも、自分の興味領域や趣味に合ったサークルを見つけられれば、さまざまな人と交流するきっかけをつかみやすいです。

また、あまり熱中できる趣味がない方や、趣味が異なる人と交流したいという場合であれば、下記のようなオフ会を行っているサークルもおすすめです。

・アウトドアで友達づくり
・地方出身者飲み友達
・友達づくり飲み会
※あくまで例です。

同じ趣味を持っていなくても友達づくりをメインとして、そのなかで実施するイベントのジャンルを決めているサークルもあります。月額は3千円〜5千円ほどのケースが多く、参加のときにのみ支払うなど、サークルによってかかる費用も異なります。

年代はサークルによって異なり、20-30代、30-40代などさまざまです。現在はサークルを検索できるポータルサイトがあるので、地域や年齢層を指定して探してみてください。

アプリで友達がつくれる

いきなり知らない人と一緒に時間を過ごすことには抵抗がある、あるいは苦手な方もいるでしょう。そのような方はLINEといったチャットアプリやSNSから友達をつくる方法がおすすめです。サービスの多くはお金がかからない、いつでも使えるというメリットがあります。

例えば「ジモティー」というアプリの掲示板で、メンバー募集のジャンルで東京を選択すると、カラオケオフ会や週末の夜に特定地域に集まるメンバーの募集があります。

また「○○学校の新入生のグループLINE募集します!」といった内容をTwitterで募集しているケースもあり、SNSを使って入学前にチャットから友人をつくるという方法もあります。

アプリでは暇なときにチャットできる「かまちょ」や、女性しか使うことのできない「tipsys」というアプリもあります。「tipsys」は女友達をつくることに特化したアプリなので、知らない男性とつながるのは不安、という女性でも安心して利用できます。

趣味教室で友達もスキルもゲット!

ただ友人をつくるだけではなく、自分のスキルも高めたい!という気持ちをもっている方は、“先生”や“受講料”などが存在する、趣味の教室がおすすめです。同じ目的を持つことになるので、自然に話も弾みますしお互いを高め合えるため、良い刺激になるでしょう。

よくある教室としては料理や語学、ヨガなどがあります。サークルに比べると初期費用が発生することが多く、入会金1万円に加えて月3千円〜6千円程度が相場ですが、チケット制で一度参加するごとに数千円という場合もあるので、無理のない支払い方法を探してみましょう。

人数規模も教室により異なりますが、小規模であれば数名から10人程度、大規模であれば数十人が一度に行う教室もあります。

まとめ

上京してから友達がいない日々が続くのは人によっては大変寂しいことです。サークルやアプリ、趣味の教室で交流することはできるので、開催日時や内容、費用、年代を調べて、自分に合った場で友達をつくっていきましょう。