上京はお金がなくてもできる!住まいや職探しのポイント

「憧れの東京に上京したい……、だけどお金がない」。そんな人も多いのではないでしょうか。しかしお金がないからといって諦めてしまうのは早いです。

上京におけるちょっとしたコツや工夫、金銭の負担を軽減する方法を知っていれば、金がなくても上京を成功させることができますよ。

上京資金、いくら必要?

まず上京費用として考えなければならないのは、住居となる部屋選びです。

地方に比べると東京の家賃は高いため、初期費用はもちろん月一の支払いは大きな負担となるでしょう。
以下に家賃7万で契約した場合の費用相場を示します。

▼住居にかかる費用
敷金 / 7万円(家賃1ヵ月分)
礼金 / 7万円(家賃1ヵ月分)
仲介手数料 / 7万円(家賃1ヵ月分)
前家賃 / 7万円(家賃1ヵ月分)
鍵交換費用 / 2万円
火災保険 / 3万円
保証会社利用料 / 3.5~7万(家賃の50%~100%)

物件によっては、「礼金なし」や「鍵交換」が任意の場合がありますが、30~35万が多いでしょう。
また、住み始めてからの生活必需品の購入も必要になります。

▼家具・家電類にかかる費用
ベッド・テーブル・タンス・ソファなどの家具 / 6万
冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンなどの家電 / 10万
衣類・食器・水回り用品などの日用品 / 2万

さらに、引っ越し費用もかかってくるので、すべて合わせると50万~60万は必要です。
入居後1カ月にかかる光熱費などの出費も考えれば上京後にかかる費用は60~70万くらいはかかるとみていいでしょう。

コストを抑える物件探しのコツは?

お金をあまりかけずに上京できるよう、物件探しや生活必需品の購入ポイントをおさえましょう。

敷金・礼金ゼロ物件を探す

賃貸物件の契約時にかかる初期費用のなかでも、とくに負担となりやすい費用が敷金・礼金です。どちらも相場は家賃の1ヵ月~2ヵ月分が一般的なので、家賃が5万の物件の場合は10~20万と計算できます。

そこでポイントとなるのが「敷金・礼金の少ない物件を探す」ということです。近年は低所得者層や若年層をターゲットにした「敷金・礼金ゼロ物件」も増えてきています。

また、そうしたお得な物件を紹介してくれる仲介会社も存在するので、少しでも初期費用を下げたいときは仲介会社を利用してみましょう。

シェアハウスやゲストハウスを狙う

家賃を安く抑えたいならシェアハウスやゲストハウスを選択する手もあります。

立地や部屋の広さにもよりますが、シェアハウスやゲストハウスは比較的家賃が安く設定されています。また、家具・家電・インターネットが最初から付いているので費用もかからず、かばんひとつで引っ越し完了。入居当日からすぐ不自由なく生活できるというメリットがあります。

個室以外の共有スペースでは同居人と楽しく会話ができますし、何か困ったときはお互いに助け合うこともできます。

しかし、シェアハウスは人の入れ替わりも激しいので場合によっては苦手なタイプの人と同居する可能性もあります。また、相部屋タイプの場合はプライベート空間が少ないことから精神的に落ちつけないデメリットもあります。

社交的で人との交流を苦に思わない人が向いているかもしれません。

友人や親戚に頼る

東京に友人・親戚がいて家を間借りできる場合に限りますが、費用が抑えられると同時に顔見知りの人物からサポートが受けられるので心にゆとりができます。

ただ、間借りしている身分なので貸主に対して適度にお手伝いをする、感謝の気持ちを表すことを忘れてはいけません。

引っ越し費用を極力抑えたい!

時期や荷物の量によって、引っ越し費用は変動します。なるべくコストを抑えるために知っておきたいポイントをご紹介します。

繁忙期はなるべく避ける

引っ越しをする人が少ない時期は値引きが多くなり引っ越し料金が安くなる傾向があります。

引っ越しをする人が少ない時期は主に5月~8月、11月~2月といわれていて、値引き率が高くなります。一方、進学・就職が重なる3月、4月、9月、10月は引っ越しする人が多く料金設定も高めです。

また、繁忙期は依頼できる業者がなかなかつかまらない可能性もあります。

荷物は少なめに

引っ越し屋さんは基本的に「ダンボールの数」で料金を決定します。ダンボールの数によってトラックの大きさも決まってきます。

そのため引っ越し先に持っていかないものは処分するか実家に残すことで、荷物を少なくすることがポイントです。

家具・家電は、中古品やアウトレットを狙う

中古品やアウトレット商品を購入すれば費用を軽減することができます。アウトレットであれば、未使用品が手に入りますし、すぐ壊れる心配もありません。

中古品の購入はリサイクルショップだけでなく、ネット販売、ジモティーなどの地域密着掲示板などを利用するのもよいでしょう。

お金がなくてもすぐ稼げる仕事は?

お金がないなか上京した人にとって、生活費を稼ぐことは最重要課題です。
すぐお金を作りたい、効率的に稼ぎたいというニーズにすぐ応えてくれる仕事選びのポイントをご紹介します。

高時給バイト

東京ならば時給1,800円以上のアルバイトもたくさんあります。職種としてはコールセンター、飲食店の夜勤、キッチンスタッフ、事務・受付スタッフ、家事代行、家庭教師、塾講師などがあります。

例えば時給2,000円の事務・受付スタッフのバイトであれば、1日6時間勤務、週3日勤務したとすれば月収は144,000円。東京での一人暮らしの生活費平均は約140,000円ですからこの条件でクリアできます。

単発、3か月、半年など自分のライフプランに合わせて生活費を稼ぎましょう。その間に正社員の仕事を探すのもありです。

まとめ

上京資金があまりなくても、住居や仕事の選び方によって問題なく生活を送ることはできます。まずは、上京後の仕事先、引っ越しする時期、妥協する点や譲れない点などを整理してみましょう。