インスタでみつけた移住したくなる風景Vol.19

(写真をクリックするとmacchan358さんのインスタに移ります。)

Photo by macchan358

京都市伏見区にある伏見港公園。

京都と大阪を結ぶ重要な水運の拠点だった伏見港。1877年に神戸と京都の間に鉄道が開通し、江戸時代に栄えた伏見港は徐々に衰退していくが、明治時代中期、琵琶湖疎水ができたことで水運が息を吹き返す。

今は港として機能はしていないが、運河沿いの桜並木は水面に反射し、花びらで桃色となった川は人々を魅了している。

この前咲いたと思ったらもう散っていく桜。

「その刹那を生きる桜に、素晴らしい生き様を見せてもらえた。」とmacchan358さん。

インスタの写真はすべてIPhoneSEで撮影されています。

(文/ESCAPE TOKYO 波多野)